バイオマス発電

HOME > バイオマス発電

バイオマス発電で地方活性化 ギュッシングモデルを日本に!

バイオマス発電ブランドだけでなく、再生エネルギーを通じて町づくり計画を立案します

バイオマスとは

バイオマスとは、動植物などの生物から生み出され、エネルギー源として利用できる有機物の総称です。「廃棄物系バイオマス」「未利用バイオマス」「資源作物」に大別されますが、弊社では林業・林産資源を活用した木質バイオマスを利用した発電に取り組んでいます。
最終的には、木質バイオマスだけではなく地域毎で発生する多種多様なバイオマス資源に対応できる事業の展開を目指しています。

廃棄物系バイオマス、未利用バイオマス、資源作物

燃料化から発電までの流れ

国内・海外から収集したバイオマス燃料を工場でチップ化して発電プラントに運搬します。収集・運搬したバイオマス燃料はボイラー内で燃焼され、燃焼時に発生した蒸気を取り出しタービンを回す方式で発電します。燃焼時の排出ガスはバグフィルターを通して基準値以下の数値まで調整した後に最終的に煙突から排出します。

バイオマス発電一連の流れ

導入のメリット

@地域の森林環境を改善することができます

木質バイオマス発電には、多くの木材が必要となります。木材の利用が促進されることにより「植林→育成→伐採→植林」の循環サイクルが生まれ、健全な森林管理を推進します。また、森林を整備の行き届いた良い状態に維持することで、水源涵養機能やCO2吸収機能の向上、土砂災害の抑制等の本来森林が持つ機能の回復を行います。

多最小限の排出物

A地域経済の活性化、地元雇用の創出に貢献できます

例えば、太陽光・地熱発電は自然エネルギーを活用する為、原材料費がかからないというメリットがあります。一方、木質バイオマス発電はバイオマス燃料の購入が必要となりますが、地域で発生する燃料を活用することにより林業・木材関係者、また燃料の運搬を行うことにより物流関係者の雇用の創出が見込まれます。また発電所の運営管理にも人員が必要になりますので直接的な雇用も生まれます。

発電施設の建設→発電施設の運営→地域の経済雇用に効果

BCO2排出量の削減(カーボンニュートラル)を推進します

バイオマスは持続的に利用でき、カーボンニュートラルという特徴があるので、化石資源の枯渇と地球温暖化の解決に役立ちます。カーボンニュートラルとは、大気中のCO2濃度に影響を与えない性質のことです。バイオマスエネルギーを燃焼させればCO2が排出されますが、バイオマスの元である植物は、成長過程(光合成)で同じ量のCO2を吸収します。そのため、地球環境でのCO2のバランスを崩さず、化石燃料と置き換えることによりCO2の削減に貢献することができます。

カーボンニュートラルのイメージ

バイオマス発電の将来展望

2015年度の資源エネルギー庁「長期エネルギー需給見通し関連資料」では、現時点におけるバイオマス発電の導入量は252万kW(177億kWh)、2030年度までにバイオマス全体で602万kW〜728万kW(394億kWh〜490億kWh)の導入を見込んでおり、今後益々の発電所の建設が予想されます。この様な業界全体の流れの中で、弊社は事業性を追求するだけでなく、地域の活性化・行政政策の推進・事業者のCSR向上に貢献できるスキーム形成を目指しています。

環境影響評価(環境アセスメント)もお任せください

環境アセスメントも、スズカ電工なら、数々の実績に裏付けられたノウハウで、住民の方にも、事業者の方にもご満足のいただけるよう、よりよい環境保全とそれに向けての対策検討、合意形成をはかります。

アセスメントの手続き

地元住民の方々の「共感」を得られるよう最大の努力をします

事業の成功は、地元住民の方々の「十分な理解確認」なしには実現しません。

そのためには、事業者と住民が「対話」を繰り返し、互いに「共感」を持つことが大切です。

スズカ電工では、プロジェクトの節目に「説明会」などを開催し、地元住民の方々とのコミュニケーションを行いながら事業を進めて参ります。

 地元との「利益享受」の関係性構築 

地元住民の方々と 共に利益を享受する、そんな発電事業をスズカ電工は目指しています。

【地元雇用の創出例】

  • ・建設 ・運用  など

コストパフォーマンスで選ぶと、スズカ電工が一番!

独自の信頼性試験や過酷な耐久試験を実施し、他社を上回る高いIRR※をお約束します。
利回りを追求するバイオマス発電事業をお考えの場合はスズカ電工にご相談ください。

※ IRR(Internal Rate of Return):内部収益率

メールフォームへ

ページトップへ